vol.1-1 活動経緯

「Nepal-Japan Scouts Project」は2002年3月、登山家の田部井淳子さんと山岳環境保全活動を行うHAT-Jと共同して行った「アップルプロジェクト」というリンゴの木を植える活動から始まりました。

それより以前にネパールを訪れた○○さんが現地の問題に触発され、プロジェクトを立ち上げたのです。当初、このプロジェクトは植林による自然保護、またリンゴの栽培が現地の人々の収入源になることを目的として行われた活動でした。

その時知り合ったネパールのスカウト達とネパールの環境問題を共に考え、解決していこうという「ネパール国際協力共同プロジェクト」が2002年9月から始まりました。このプロジェクトは名前を変えながらも継続していき、今に続く「Nepal-Japan Scouts Project」となっております。

活動としては植林・環境教育・水質調査・ごみ問題など、現地の環境問題に焦点を当てて活動に取り組んで行きました。2015年の4月からは同年4月25日に起こったネパールの大震災に対応した活動を行っていき、現在もなお震災に関する取り組みを行っています。

過去の活動に関しましては以下のURLをご参照ください。
「Pax IV Hyper カテゴリー:ネパール(http://paxiv.org/category/activity-report/nepal/)」

現在行っている活動に関しましては、後ほど投稿いたします「vol.3 現在の活動」にて紹介します。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別アーカイブ

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。