ホーム » 活動記録 » ネパール » ネパールプロジェクト中間報告

ネパールプロジェクト中間報告

現在、2013年2月〜3月に実施予定である次回のネパールプロジェクトに向けた準備を進めています。
クルー全体のミーティングは週に1回行っています。

次回のプロジェクトはネパールのごみ問題に焦点を当てた「3か年計画」の3年目です。昨年に引き続き「ごみ問題に対するネパールの人々の意識改善」と、「ネパールのごみ処理に関するインフラ改善」の為のプログラムを首都カトマンズ市にて展開する予定です。過去2年のノウハウを活かし、3か年計画最終年に相応しい、より発展的で効果的なプロジェクトを目指します。

プログラム構築

 ・ネパール調査

 日々刻々と社会情勢が変化しているネパールの現在の状況を把握すると共に、クルー全体でネパールへの理解をより深めることを目的として、「ネパール調査」と題し、現地の経済、環境、ごみ処理インフラの状況、教育システムなどの調査を改めて行いました。調査結果を基に、より現地のニーズに即したプログラム構築を行っています。

 ・過年度評価

 過去2年間のプロジェクトで展開したプログラムの再評価を行い、我々のプロジェクトの「強み」、「弱み」を明らかにしました。これま
での反省点をカバーできるプログラムを考案しています。

 ・ブレインストーミング

 ネパールのごみ問題改善のプログラムのアイディアを出す為にブレインストーミングを行いました。そこから出たアイディアを組み
合わせ、具体的なプログラム計画の作成をしています。

メンバーの確定

今年度はボーイスカウト出身者10名でプロジェクトを実施する予定です。

現地カウンターパート

今年度も、ネパールのローバースカウト組織である「Kantipur Open Rover Crew」と協力してプロジェクトを実施する予定です。現地の担当者と連絡を取りつつ、プログラムを策定していきます。

今後、更に準備を進めて参ります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別アーカイブ

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。