ホーム » Pax IV Hyper の投稿

作者アーカイブ: Pax IV Hyper

Nepal-Japan Scout Project 2018-19 夏渡航②

今回の夏渡航では2月―3月の本渡航で行うプロジェクトの高度化のためにカウンターパートであるネパールスカウトのKORCとミーティングを行いました。
ミーティングを通して決定した今年度のプログラム内容、過去の活動報告、今後の課題について報告します。

・今年度のプログラム内容
 ①意識改善活動:ごみ問題に係るレクチャーと、それに対して生徒が自ら考え、対策を実践できる自主的な教育サイクルの完成。
 ②ゴミ処理インフラの整備:焼却炉設置、コンポスター、ごみ箱設置。焼却炉、コンポスター及びごみ箱の運用ルールを策定。
  ①②のいずれもKORCと共同で、現地の小中学校で活動を行います。

・過去の活動報告
 Paxが過去に活動を行ったプログラムがその後、現地でどのような評価を受けているかをKORCに報告してもらいました。
 過去に設置した焼却炉はその後も運用方法を適宜変更しつつ継続的な使用がなされたとのことでした。焼却炉設置の年に活動に参加していたKORCメンバーもいたため、今回の焼却炉設置に関してもアドバイスをもらうことができました。
 昨年度プロジェクトで設置した、水質汚染及びゴミ問題の意識改善を目的とした環境委員会イベント(KORCが運営する)は現在では実施されていないとの報告を受けました。原因としてKORCのスケジュールの都合が合わなかったこと、具体的にどのようなイベントを実施するべきか彼らが理解していなかったことが挙げられました。

・今後の課題
 Paxが去った後にプロジェクトが続かない。
 上述したような原因からPaxの渡航後に意識改善プロジェクトを継続することが難しくなっています。解決策としてPaxが事前に詳細なイベント内容計画を作成する、Pax内で役割分担を行いKORCとの連絡をこまめに取り合う、問題が生じた場合にはPaxが適宜テクニカルアシスタントを行う等が考えられます。

現地での環境問題意識改善には現地にいるKORCの継続的な協力が重要な要素となるため、今年度プロジェクトではこの課題を解決してより高度な活動を作り上げることを最優先課題として取り組もうと思います。

Nepal-Japan Scout Project 2018-19 夏渡航

こんにちは!今年度よりPaxⅣ hyper Nepal-Japan Scout Projecに加入しました小林です。

今年の夏、私たちNepal-Japan Scout Projectの新加入メンバーは、現地調査のためにネパールへ渡航してまいりました!!
今回の夏渡航の目的としては、
1、現地のゴミの状況を自分たちの目で確かめる
2、KORCとの意見交換

の二点です。
今まで先輩メンバーから、ネパールのゴミ問題について様々な話を聞いてきました。そしてインターネットや書籍でネパールについて様々な知識をこの約半年で得てきました。
しかし、“百聞は一見に如かず”です!
やはり自分たちの目でネパールの現状を知りたい、見たい、話を聞きたい、そんな思いから今回の夏渡航を実行致しました。
メンバー全員初めてのネパール渡航であり、不安なことばかりでしたが少しでも多くのことを学び取ろうという熱い気持ちを持ってネパールへと行ってまいりました。
また、今年度我々が計画しているプログラムについて、現地で我々と共にプログラムを実行するKORCの方々と直接お話しする機会も設けていただき非常に実りのある渡航ができたと思います。。。

ところで・・・
非常に個人的な感想になるのですが、ネパールめちゃくちゃ面白かったです!!ただ自分の知見が狭いだけかもしれませんが、日本ではなかなか感じることのできない雑多な雰囲気を感じることができました。これも4月になんとなくNepal-Japan Scout Projectの扉を叩いたおかげ、ひいてはぼんやりと15年以上ボーイスカウトをやっていたおかげかなと思います。

閑話休題、現地で私たちはネパール、カトマンズ市街のごみ状況をまじまじと感じてきました。
道端に平然と落ちているたくさんのごみ、不法に投棄されたごみのせいで臭う川、集積所のキャパを超え道路に散乱する生ごみなどなど、
ごみが落ちていることが当然だ。という日本では想像できない光景が広がっており、今まで日本からほとんど出たことのない私にとっては非常にショッキングな光景でした。
また幸運にも、ごみ処理場に訪れることができ、ネパールのごみの今についてまさにそれに関係する人からお話を聞いきました。(別のブログにて掲載予定です)
この状況をどうしたら改善できるのか?メンバー一同様々に思いを巡らせましたが夏渡航というたった数日に調査だけでは明確な回答など出るはずもありません。
しかし、この経験は今後Nepal-Japan Scout Projectの一員として活動に活きてくると夏渡航メンバー一同自負しております!!
また、単に実地調査を行うだけではなく、いくつかカトマンズ市街の観光地も巡り、ネパールを楽しんできました!!
(文責 小林)

2年ぶりの更新!!!

2年間更新途絶えていたこのHP。。。
復活します!!
長らく更新出来ていませんでしたが、この2年間ネパールでのプロジェクト中心に、PAXⅣ自体はずっと活動を続けていました。
むしろ一時期より人数増えてたりしてます…!!
今日から、つらつらと、この2年間の活動の様子や、最近のわれわれのことなど報告していこうと思います。

ぜひ今後もおつきあいいただけると嬉しいです!

ーAre you prepared?

ネパール震災支援活動でご寄付いただいた募金の使途について

◯募金の概要
私たちは、慶應ローバーと協力し、今年4月25日に発生したネパール大震災を受け、ネパール支援のため募金活動を実施し、これまで共にプロジェクトを行ってきた現地カウンターパートKantipur Open Rover Crewに対し、皆様にご寄付いただいた募金を届けました。

◯募金の使途
募金の使途については以下の通りです。(クリックで画像が拡大します。)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-9-30-38

今回の募金使途報告が遅れ、支援者の皆様にご不安な思いをおかけすることとなり、大変申し訳ございませんでした。
ネパール側からの連絡の遅れもありましたが、我々Pax IV Hyperが活動に対する報告義務を優先できていなかったことが最大の原因です。
今回の不誠実な対応を深く反省し、今後はスカウト活動の基本でもある活動報告までを一貫して迅速に行い、支援者の皆様に対する説明責任を全うする所存です。

改めて、皆様には多くのご支援を賜りましたこと、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

公開型スカウトシンポジウム『ローバースカウトが出来ること』 開催のお知らせ

カバー画像
10月18日はPax IV Hyperの活動中間報告会が予定されておりましたが、より効果的な活動の高度化を目指すべく、シンポジウム形式での開催に変更しました。スカウトの皆さんに、ぜひ参加していただきたいです。
 

公開型スカウトシンポジウム『ローバースカウトが出来ること』

———————–

日時:2015年10月18日(日)13:15〜17:00(13:00開場)
場所:中目黒スクエア2F 第1会議室(中目黒駅徒歩7分)
対象:スカウト(25歳以下のちかいをたてた人)参加費無料
※指導者や一般の方もご参加いただけます(参加費¥500)

申込方法:申し込みフォームよりお申し込みください。(先着30名)

———————–

結局のところ、ローバースカウトには何が出来るのでしょうか?

ローバースカウトは、スカウトが活動成果を最も発揮できる重大な局面であり、ローバースカウト活動の可能性を考えることは、ボーイスカウトの可能性を考えることにつながります。

今回のシンポジウムは、各分野で本気で活動しているローバースカウトが、それぞれの取組について発表した上で、ローバースカウトが出来ることについて議論し、各々の実践活動に応用する気づきを獲得する場にしたいと考えています。

また、どんな活動をしたらいいのか分からなくて困っているVSや、一緒に活動する仲間がいなくて困っているRSの皆さんにも、有意義な場になるようにします。

———————–

◯プレゼンテーション(13:30〜14:30)
「ローバースカウトが出来ること」を軸に、6人の現役ローバースカウトによるプレゼンテーションが予定されています。ちかいとおきての実践という共通の目的を追求していながら、具体的な取り組みに大きな違いが生じる理由を明らかにします。

◯ディスカッション(14:45〜16:30)
発表を踏まえ、発表者を中心に参加者全員で議論します。それぞれの活動をより高度化させる上での課題を明らかにするとともに、共同の可能性などを模索しながら、今これからのローバースカウトが出来ることが何なのかを徹底討論します。

◯懇親会(16:30〜17:00)
ディスカッションの後、テーマに関係なく自由に会話できる時間を設けています。

———————–

知り合いのスカウトの皆さんに本イベントについて紹介していただけたら幸いです。
本イベント説明の際には、下記フライヤーをご自由にお使いください。
スカウトシンポジウムフライヤー
スカウトシンポジウム2015フライヤー.pdf

参加を希望される方は、申し込みフォームよりお申し込みください。(先着30名)

Pax IV Hyperは再始動します

新規プロジェクトの立ち上げに伴って、Pax IV Hyperは再始動します。
設立時からの基本理念を受け継ぎつつ、新しいPax IV Hyperは、新しい方法でスカウト活動に取り組んでいきます。

glaph

ボーイスカウトのスカウト人口は、30年間、ほぼ変わらない比率で減少を続けています。このままだと2030年には0になる計算です。この現象は、ボーイスカウトが社会から必要とされなくなりつつあることを示しています。今や、ボーイスカウトは社会から相手にされていないと言っても過言ではありません。私たちは、この現象が事実であることを前提として活動します。

ボーイスカウトが無くなった社会を想像してみてください。自分たちが全力をかけてきた活動を、全く理解されない時代が来ようとしています。同じ言葉で語れる後輩がいなくなる現実が間近に迫っています。いつも他の人々をたすけますと名誉にかけてちかった者として、これほど虚しいことがありますか?

Pax IV Hyperは、ボーイスカウト活動に本気で取り組むスカウトのチームです。メンバーはみな、ちかいをたてたスカウトであり、ちかいとおきての現代における具体的な実践とその提案を目的に活動します。私たちの使命は、ボーイスカウトの価値を証明することです。

Pax IV Hyperは、解散することを目標に活動します。ボーイスカウトが、その存在と社会的意義を認知された時がその時です。その状態をいかに評価して判断するかは実際のところまだ分かっていません。私たちは行動しながら考えます。

twitter_cover

Pax IV Hyperには、活動理念を表す3つのおきてがあります。

1.革新的であれ
Pax IV Hyperは、よりよい社会をつくるため、また、その社会にボーイスカウトが貢献するため、新しいアイデアを積極的に提案し、社会的意義のある新たな価値の創造を目指します。

2.行動的であれ
行動の伴わない提案は、無責任で無価値です。私たちは、自発的な行動に基づく、地域レベルからのイノベーションを志向します。

3.理論的であれ
Pax IV Hyperは科学的手法でボーイスカウト活動に取り組みます。実験と評価反省を徹底的に行い、成果を出すことで、ボーイスカウトの意義を理論的に証明することを目指します。

[hr]

Pax IV Hyperは誰よりもスカウトらしくありたいと考えています。私たちは自戒をこめて、あえてボーイスカウトに問いかけます。
 

Are you prepared?

ネパール支援募金へのご協力ありがとうございました

皆様からいただいた募金が送金先であるネパールのスカウトグループKantipur Open Rover Crew(KORC)の希望する総額に到達しましたので、一度、ネパール支援募金活動を停止させていただきます。

当該募金活動は4月30日より、本日まで58日間、実施してまいりました。
支援者の皆様からの募金総額は、432,543円となりました。
ご協力誠にありがとうございました。

今回の募金は、5つの教室を完備する学校の建設に充てられる計画です。
現在、ネパールスカウトが現地の技術者と連携し、建設のための準備を行っております。
現地の進捗情報が入り次第、お知らせします。

私たちNepal-Japan Scout Projectは、今後も継続してネパールの震災復興支援活動を行ってまいります。
引き続き、皆様からの温かいご支援ご協力を頂ければ幸いです。

ガールスカウトの寄贈した学校が大活躍

ネパール大震災を受けて、復興支援活動を行っているのはボーイスカウトだけではありません。
ガールスカウト東京都第43団(江戸川区)の寄贈したネパールの小学校が被災地で活躍しています。
WS0000191
この学校は、震災以前の2000年に、ガールスカウトが国際協力活動としてカトマンズ近郊の街サンクーで集めた寄付金により設立されました。
先の大地震によりサンクーの街は甚大な被害を受け、多くのレンガ造りの建物が崩壊しました。一方、ガールスカウトの支援で建てられた鉄筋コンクリート製の小学校は無傷で残り、現在、家を失った被災者の避難所として利用されています。
ガールスカウトによる地道な奉仕活動が、教育面でサンクーの町に貢献したのみならず、被災者への思わぬ形での支えとなっています。

WS000005_R WS000017_R

参考記事

途中経過報告

今回はこれまでの経緯を振り返り、また今後の抱負を掲載します。

私たちはNepal-Japan Scout Projectの名の下に、過去13年間に渡ってネパールのローバースカウト(以下、ネパールスカウト)と共にネパールの環境活動を続けてきましたが、先のネパール大震災を踏まえ、被災者復興支援へと活動をシフトしました。
nepal2015_ポスターver.3(20150509b)
関連記事

震災後、日本の私たちよりも先に復興活動に取り組んだのは、被災者であるネパールスカウトでした。
そこで、こちらに出来る最善の支援として、私たちは現地の最前線で奉仕する彼らの復興活動を経済的に支援するための募金活動を始めました。
IMG_1248
関連記事1

image1 (1)
関連記事2

IMG_4117
関連記事3

5月21日、私たちはネパールスカウトに当時の募金総額246,001円を直接送金しました。届けられた募金は、家を失った方の仮の住居となるテントやタープの購入に充てられています。
関連記事

現地での復興活動は継続させていく事が重要です。私たちはこれからも、募金活動を継続・発展させていきます。
同時に、募金以外の支援の形態を模索し、計画を進めています。今夏日本で開催される世界ジャンボリーにおける活動も予定しています。

長期的な視点で支援活動を展開する際に大切なのは、ネパール大震災の記憶を風化させないことです。
私たちは支援活動の一環として、ネパールスカウトと支援者の皆様を繋ぐ架け橋となれるよう、最新の現地リポートや私たちの活動報告をウェブサイトやFacebook等によって発信しています。また、架け橋としての役割を果たすために皆様からのネパールスカウトに対する質問も受け付けています。
photo1
関連ページ
関連記事

このように日本での活動を継続・発展させながら、最終的には現地へ日本スカウトが渡航し、直接的な共同支援活動を行う事を予定しています。
私たちスカウトは現地で何ができるのか。日本ネパール両国のメンバー一丸となって、ボーイスカウトの奉仕活動を追求していきます。

いつも他の人々を助ける。
全てはネパールのために。
私たちの活動原則はまさにここにあります。常にネパールのことを思い、全力で邁進していきます。

ネパールは支援者の皆様からのご協力を必要としています。これからも、温かいご支援をどうぞ宜しくお願い致します。
——

ネパールスカウトへの質問募集中!

詳しくはこちら

緊急支援募金のお願い

震災直後から多くの現地スカウトが被災地での活動を開始しています。
彼らの活動を経済面から支えるため、緊急募金を行っております。
詳しくはこちら

クレジットカードによる募金

◆1000円募金する
今すぐ支払う

◆3000円募金する
今すぐ支払う

◆5000円募金する
今すぐ支払う

◆10000円募金する
今すぐ支払う
——

銀行振込による募金

ゆうちょ銀行
■郵便局からの振り込み
10940-20294961
■他金融機関からの振り込み
普通預金
店名 〇九八(ゼロキュウハチ)
口座番号 2029496

ネパールスカウトからの近況報告vol.10

ネパールスカウトのクリスマからの近況報告を以下に共有します。
現地の状況を垣間見ることができます。当事者からすると政府の支援を十分に感じられないようです。これからも政府以外の団体が継続して支援する必要性があると感じています。

___

KORC(ネパールプロジェクトの現地のスカウト達)の仲間達は復興活動をグループで行っていますが、一部は自力で活動しています。

KORCのメンバーのほとんどはテント生活を余儀なくされてい
ます。

食べ物と水は十分あり、物価も特に変動していません。しかし、治安は悪化しており、住民の警戒心が高まっています。

政府の被災者支援は十分に機能していないように感じられ、私たちKORCも資金援助を受けていません。またKORCは日本以外のスカウトからの支援を受けていません。

仕事がある人を除いて、ほとんどの人は一日中テントにいます。
——

ネパールスカウトへの質問募集中!

詳しくはこちら

緊急支援募金のお願い

震災直後から多くの現地スカウトが被災地での活動を開始しています。
彼らの活動を経済面から支えるため、緊急募金を行っております。
詳しくはこちら

クレジットカードによる募金

◆1000円募金する
今すぐ支払う

◆3000円募金する
今すぐ支払う

◆5000円募金する
今すぐ支払う

◆10000円募金する
今すぐ支払う
——

銀行振込による募金

ゆうちょ銀行
■郵便局からの振り込み
10940-20294961
■他金融機関からの振り込み
普通預金
店名 〇九八(ゼロキュウハチ)
口座番号 2029496

月別アーカイブ