ホーム » 活動記録 » 東日本大震災 » 東日本大震災 復興支援活動の紹介(4日目 | 3/20(日) | 石巻ボラセン経由で活動)

東日本大震災 復興支援活動の紹介(4日目 | 3/20(日) | 石巻ボラセン経由で活動)

■活動内容
– 石巻市社会福祉協議会が石巻市専修大学内に設立した災害ボランティアセンター(以降石巻ボラセンと略す)にて活動する。ここは3/20時点で石巻市唯一のボラセンになる。
– 剥がれた屋根瓦の応急処置としてブルーシート掛ける作業を行った。
– 元気村ボランティアスタッフ2名、別途ボランティア3名(内2名は本先発隊)、同行する東海テレビスタッフ2名で活動した。

■ボランティア関連情報
– 活動している範囲内では毛布が十分に足りている。足りていないところもあるはずだが把握できていない。
– 避難所でニーズの汲み取りをしてボラセンにボランティアの要請をする人もいる。屋根瓦の応急処置はこれによるもの。
– ボラセンでは車で1時間程の避難所・被災地にボランティアを派遣している。2時間程の場所へ派遣されるケースもある。

■被災地情報
– 周囲で把握できている避難所は50箇所ほどあるが、自立的に統合していたりするため完全な把握はできていない。
– 避難所とボラセンが無線で繋がっているところもあるが、孤立しているところもまだありそう。
– 昨日まで名取市で活動していたボランティアに話を聞くと、石巻市の方が被害が大きいように見えるとのこと。

津波被害にあった地域の救急車

津波被害にあった地域の救急車


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別アーカイブ

Twitter でフォロー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。